メキシコ伝統モチーフデザイン
手刺繍ブラウス(チュニック丈)

『天然生活』2013年9月号にTUCANETTAが掲載されました。


当店はリンクフリーです。下のバナー画像をお使い下さい。リンクされる場合はメールでご一報下さい。また相互リンクも募集しております。特にメキシコや雑貨関係のショップさんからのリンク依頼をお待ちしています。リンクに関するお問い合わせは下記までメールでご連絡下さい。
メールはこちら



ホームメキシコ刺繍ブラウスメキシコ刺繍・オトミ族の鳥刺繍ブラウス・マンタ・ブラック・パフスリーブ
商品詳細

メキシコ刺繍・オトミ族の鳥刺繍ブラウス・マンタ・ブラック・パフスリーブ[IXMQBLNG01]

販売価格: 7,200円 (税込)
[在庫数 1] 重さ: 210g
数量:

メキシコ刺繍・オトミ族の鳥刺繍ブラウス

メキシコイダルゴ州の中央部に住むオトミ族の間に伝わる、伝統的なデザインのハンド刺繍のチュニックブラウスです。

プエブラ州のナワ族の刺繍デザインによく似ていますが、こちらはパフスリーブになっています。

またサイズもメキシコには珍しく小さめで、日本のS〜Mサイズぐらいです。

生地はマンタと呼ばれるメキシコの厚手の良質綿100%で、胸元に黒い糸でや花、幾何学模様が刺繍されています。

縫製もとてもきれいに仕上がっています。

裏面にも背中部分にほとんど同じ刺繍が施されています。

鳥好きさんにはオススメです♪

この刺繍の手法はペペナドpepenadoと呼ばれるもので、ランニング・ステッチ(波縫い)を点と線で刺して図を描いていく、とても手の込んだものです。

このペペナドの刺繍はメキシコの中でも作られている地域は限られています。

一つの作品を仕上げるのに、約1ヶ月かかるそうです。 この刺繍のデザインや色の組み合わせは同じものはほどんど作られない、1点ものです。そしてメキシコ国内でもあまり市販されていない非常に貴重なものです。

残念なことに最近ではこのようなブラウスは製作に時間を要する上にメキシコ内であまり需要がないので生産数が減って来ています。 モチーフとなっている鳥(ワシ)はナワ族にとってはとても身近なものなので昔から刺繍モチーフとして使われて来ましたが、時を越えて親しみを感じることのできる、とても愛らしいデザインだと思います。

春夏は1枚で着られますが、寒い時期は下にタートルネックのセーターやシャツと合わせて着るととてもカワイイですよ。

平置き 身幅(脇下) 約47〜50cm 着丈 約65.5cm  肩幅 約35cm 袖 約 14cm

素材 マンタ(綿100%) 

刺繍部分のほつれや縫製、シミ等の状態は検品の上、目立つダメージのないものを販売しておりますが、メキシコ製のため、日本製と比べますと甘い部分がございますことを十分ご理解・ご了承の上ご購入をお願いいたします。

他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
とても細かいランニング・ステッチで鳥と幾何学模様が刺繍されています。
(画像をクリックすると大きく見られます)
モデルの身長は156cmです。
(画像をクリックすると大きく見られます)
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス